森林未利用材を燃料とするバイオマス発電所


林業の盛んな地域において、これまでは有効に活用されないばかりか、林地残材として森林の成長を阻害してきた森林未利用材を燃料として活用するバイオマス発電。
建設廃材と違い、量を確保するために遠隔地から集めるのではなく、地域の林業事業者とともに、半径50km圏内の未利用材を、無理なく収集する森林資源循環システムを構築しています。
地域にに根付いた燃料供給元に限定することで、バイオマス燃料の量、価格、品質の安定をはかっています。

お申し込みから供給開始までの流れ

1.ご相談
最適なご提案のため、現状の電力使用状況を確認させていただきます。
直近12か月分の電力会社の検針伝票をご用意していただきます。
電力会社によって解約金などが発生する場合がありますので、
現在お使いの電力会社との契約内容をご確認していただきます。

<検針伝票>

2.見積書のご提案
切り替えていただいた場合のお見積書をご提出します。
3.切り替え契約手続き
お申込内容の確認をいたします。
契約関連書類のご記入、捺印といったお手続きをいたします。
4.電力需給契約
5.供給開始